前回は、妊娠時のむくみ(特に足)について

どうして起こるのか?についてと

私の体験をお話しましたが、

http://mothermoon-care.com/20150808/

 

二人目の時は、あれっ?

と拍子抜けするほど、大丈夫だったんですよね~。

 

うちは二人とも1か月違いの夏生まれなので

季節的な違いはほぼない。

何か特別なことをしたわけでもない。

長男の時とは5年空いてるので

その間体質が変わった感じもしないし

年齢のことを考えれば、二人目の時の方がトラブルが起こりそう。

なのにどうして?

 

ただ考えられる理由は

その①→一人目の時はマンション住まい。

二人目は戸建てに引っ越した後で

それも3階建てなので、毎日3階を行ったり来たりの生活。

これで筋肉、とくにふくらはぎのポンプが

活性化されたのかなあということ。

 

その②→一人目の時は初めての妊娠で不安いっぱい、焦りもいっぱい!

二人目はその点余裕があって、変な心配をあまりしなかった。

長男の幼稚園もあったので、毎日ちょこちょこ動いてなければならず

妊娠に対する不安やストレスが少なかった。

 

ということかなあと思います。

 

一人目の時、むくみが良くなるかも!

と思ってスイミングやってましたが

泳いでる時は結構必死で

お腹の赤ちゃんと一緒にゆったり~~

なんて感覚はほとんどなかったし(-_-;)

それじゃあ呼吸も浅くなるし

上手くも泳げず逆に疲労して

血行悪くなっていたのかな…。

そもそもストレスは血管を収縮させ

血液の流れを悪くしてしまうので

まずはストレス解消が先決だったんですよね。

 

何をやるにしても

「どういった気持ちでやるか」って本当に重要ですね。

 

例えば同じように、ヨガやってたって

気持ちが焦ってたらリラックスできるわけないし

胎教のためのモーツァルトだって、お母さんが好きになれなかったら

赤ちゃんが喜ぶはずないですもんね。

好きだったはずのことが、

妊娠するとダメになったりってこともあるから

それを無理してやろうとして

ストレスを感じるのもまた問題。

 

ここでも、「今、どうなのか」

「心地いいと感じられるか」

に注意を向けるのが大事だなあと思いました。

 

こんな風に、むくみの症状だけとっても

今の環境や精神的なものにも大きく左右される。

 

私のように

終わってみて、そういえばこうだったからかな~

って気付くのは、良くある話。

そうではなくて、その時気付いて改善できるよう

私もサポート頑張ります!!