先日一人目の時はむくみがひどく~なんて話を書きましたが

もひとつ思い出したことがあったのでお話します。

 

いや、というより、ずっと覚えてるんですけど

できれば思い出したくもないという出来事。

―妊娠初期の出血です。

 

妊娠中の方は聞いただけでこわ~(;゚Д゚)…ですよね。

 

妊娠4か月頃、妊娠の報告を兼ねて夫婦で友達の家に行き

夕食を食べひとしきりお喋り。

その帰り道、電車に乗っているとお尻に違和感。

 

びっくりして触れてみると、じっとり濡れている。

振り返ってみると、明らかに出血しているのがわかるほど。

 

慌てて次の駅で降りトイレへ行ったら。

生理2日目みたいなかなりの出血量、それも色は鮮血!

 

例えばちょっとおりもののような茶色い出血があったとか

そういったものならまだしも

(それでも妊娠時は心配ですけど)

なんで?どうして?これはまずい!ぜったいにまずい!!

ともうパニック。

 

とりあえずコンビニでナプキンを買い、

それを当てて病院に電話。

 

もう夜も遅く病院からも近くはないところだったので

電話に出てくれた看護師さんも

そうですか…いまからどうします?来ますか?と言うけど

もうこっちは居ても立ってもいられないし

タクシーで病院へ。

病院までは本当に長く長く感じました。

「流産」という言葉が頭をずっとぐるぐる回ってたんだけど

その想いを振り払うように、

とにかくお腹の赤ちゃんにずーっと祈っていました。

どうか無事でいて下さい。

助けて下さい。

お願いだから…。

 

やっと病院について部屋に案内され

内診の間、もう半泣きだったんだけど

 

口を開いた夜勤の先生は

「赤ちゃん、ここにいますね。動いてるし、元気そう」

と…。

 

こういう時、今までの不安がすごすぎて

なんていうか、ちょっと思考停止。

 

いきなり「よかったー!」とはならないんですね(笑)

 

とにかく、エコーで赤ちゃん見えてるし

とりあえず処置もすることないので

家で安静にして、また出血するようだったら来て下さいってことに。

 

もう深夜だし、ほっとしたのもあり

夫婦二人もうぐったりして帰宅。

 

そして次の日、やっぱり完全に安心できなかった私は

別の婦人科も受診。

でもやっぱりそこでも赤ちゃんは元気と言われ

エコー写真ももらって帰ることに。

ただ、「もしまた出血があって、流産になったら袋が出てきますから」

などと恐ろしいことを言われたので

その後何日かは家で安静にしてました。

 

結果的には、無事で何より、だったんだけど

本当にヒヤリとした一件。

先生もどこから出血してるとかそういう

細かいことまでは言ってくれなかったから

原因ははっきりとはわからないのですが、

 

考えられることといえば

・妊娠初期の子宮が不安定な状態だった。

・長時間飲食し水分を多く摂っていたので、循環水分量が増えていた。

・ずっと座りっぱなしの姿勢で子宮と血管が圧迫されうっ血状態だった。

・その後立ち上がり急に血流が良くなった。

 

ということでしょうか。

 

妊娠中は、身体の変化により

色々変調をきたすものなのだなあと

改めて思いました。

 

妊婦さんの中には、お仕事をされていて

それが座りっぱなし、または立ちっぱなしの方も多いでしょう。

 

妊娠してるから仕事内容を変える、というのはなかなか難しいと思います。

でも、やっぱり無理すると何か問題が出てきてしまうこともある。

それが流産や死産、などという最も悲しいことではなかったとしても

母体に大きな負荷がかかってしまって

経過やお産が大変になってしまった、ということは十分考えられます。

 

お母さんが無理をしないように、赤ちゃんがつわりを起こさせたり

眠気を起こさせたり、という考えもあるように

私がこの時出血したのも、

4か月になって妊娠を周りに知らせ始めて、

ちょっと浮足立ってたから

赤ちゃんからの「気を付けろよ!」のサインだったのかもしれないなと。

 

「好きなことをする」のは大切だけど

普段より「無理をしない」のは大原則。

 

ちょっとお腹が張っている、疲れを感じる、という時には

迷わず休んでほしいと思います。

 

妊婦さんの周りの方も、それは本当に気遣ってほしい。

 

私も、自分のことだと「これくらい大丈夫」って思ってましたけどね。

 

だからこそ、周りの人はおせっかいくらいがいい。

 

そして、何かおかしいなと思ったら、

迷わず病院に連絡して下さい!

ネットで色々情報はあっても、

それがその人に当てはまるとは限りません。

 

妊婦さんの安全・安心がポジティブな出産に繋がると思っています。