長いながーい夏休みが終わりやっと新学期。

今年は8月の内から肌寒い日が続き

体調を崩されている方も多いようです。

 

皆さまはいかがお過ごしですか?

暦の上ではもうすっかり秋、なので

今日はこの時期の薬膳的過ごし方について。

 

この季節起きやすいのが

咳、痰、かゆみ、などの症状ではないでしょうか。

 

空気が乾燥しているから?

気温差で風邪をひいた?

秋の花粉?

 

原因は様々あるかもしれませんが

まず、この夏~秋にかけての身体の様子を見てみると…。

 

身体の中にはまだ、夏に溜まった熱が残っている状態です。

熱+外気の乾燥が加わって、さらに乾燥状態に。

それが体温を上昇させ、粘膜を傷つける。

=炎症が起きやすくなり、咳やかゆみに繋がる

 

ということですね。

 

こんな時、咳やのどの痛みを風邪だと勘違いして

温めなくちゃ!!

となってしまうと大変!

 

生姜湯を飲んだりねぎをたくさん食べたりしてしまうと

身体がさらに熱を持ってしまい

乾燥が加速してしまいます。

 

温めるべき風邪は

・寒気がする

・鼻水たらーり

・筋肉がこわばっている…

などの症状がある時ですよ!

 

熱と乾燥による炎症が原因と思われる場合は

身体を冷やして、水分を補うこと。

おすすめ食材は

梨、杏、りんご、などの甘酸っぱい果物や

豆腐、豆乳、白きくらげ、山芋、レンコンなどの「白い食べ物」。

瓜系の生野菜を火を通して頂くのも水分補給になります。

 

野菜や果物を生で大量に食べるのは

冷やし過ぎになりますからご注意を!

 

秋、と一言にいっても

まだ暑さが残っている秋と

冬が近づいてきた秋とは

過ごし方も違います。

 

体は9月になったから夏→秋に一気にシフトチェンジ!

という訳にはいきませんから

身体をだんだん季節に合わせていくという感覚で

養生していくのがベストですね。

暦では、季節が実際の季節より約1か月早くやってくるので

(立秋は8月初め)

暦を意識して過ごし方を変えていくと

実際の季節と身体が合ってくるのかもしれません。

上手くできてるなあ~。

 

そこまで先取りするのはなかなか大変かもしれませんが

季節の変わり目、調子よく過ごせると

とっても楽ですよねー!

 

今ちょっとした咳や火照った感じがあったら

食事の中で少し、意識してみて下さいね。