「お母さんたちって、本当にがんばってる」

最近特によく感じることです。

私自身が長男も小学校

次男も幼稚園に慣れてきて

少し落ち着いたせいか。

 

サロンに来て下さるお客様も

周りで見かけるママたちも

テレビの子育て番組とかに出ているママも。

妊娠中の方だって。

 

「どうしたら子どもにとってよくなるか」

「どうしたらいいお母さんになれるか」

 

っていうことをいつもいつも考えているような気がします。


 

 

 

 

 

 

私もそうだったので

ちょっと落ち着いた今、

「あの頃必死だったなあ~、疲れてるのに頑張ってたなあ~」

ってわかります。

 

いいお産するためにマタニティスイミング通ったり

(けっこうスパルタできつかった)

子どもの増えない体重増やすために必死に授乳したり

(素直にミルク足せばよかった)

お昼寝させるためにベビーカーで歩き回ったり

(寝なくたって自分は休憩すればよかった)

習い事させなきゃって必死で色々体験行ったり

(次男に関しては全くしてない…)

 

まあ過去のことは後悔しても仕方ないし

というか、後悔というより

必死だったね~って笑っちゃう感じかな。

 

もし同じように頑張ってたお母さんがいたら

「私頑張ってたな」って認めてあげて欲しいです。

あれは無駄だった、とか思わないで。

 

そして今こんな風に必死に頑張ってるお母さんがいたら

とにかく「すごく頑張ってるね」って伝えてあげたい。

言葉がけでも、身体に触れることでも。

 

ここまでお母さんについて話してきたけど

そうでない人だってもちろん。

疲れている身体を無視して

必死で働いていたり

誰かのために、って

自分のこと後回しにして頑張っている人

たくさんいます。

 

この仕事をしているとどうしても

身体のこと、生活のこと気になって

「こうした方がいいですよ」

「これに気をつけるといいですよ」

っていうアドバイスをしがちになってくる。

もちろんそれを必要としてくれる人もいるけど。

 

頑張っている人ほど、自分ではそれに

気付いていなかったりして

また真面目だったりもするので

そういう人に色々アドバイスすると

それは更なる課題になって

その人をもっと大変にしてしまうこともあります。

 

大事なのは

「いつも頑張っているその人」を認めてあげて

ただ寄り添う、っていうことなのかな

と感じています。

 

思わず色々言ってしまう自分への

戒めを込めて…(^-^;

 

だから、皆さんもまずは

自分で自分を認めてあげて下さいね。

頑張るってことは素晴らしいことだけど

でも休みたかったら休んでもいいです。

大体、「休んじゃダメ」って思ってるのは

自分だけだと思う(^-^;

 

最近とても気になって

つらつらと書いてみました。

もうすぐ師走の忙しい季節だけど

 

少しでも、気持ちだけでもゆとりをもって

過ごせるといいですね。