今日はクリスマスイブですね!

みなさんどんなイブを過ごすのでしょうか?

我が家は昨日クリスマスパーティーも済ませ

今夜のサンタさん準備をするばかり…です(^^♪

 

さて私、息子が二人いますが

二人とも夏生まれ、

妊娠がわかったのがちょうど年末~年明けにかけて、

ということで

クリスマスとかお正月とか

ごちそういっぱいの時期を

つわりとともに過ごしていました(>_<)

目の前に美味しそうなごちそうがあるのに

何だかムカムカ。

ちょっと食べてもどうも美味しくない。

もちろんアルコールも飲めないし…。

ああ…思い出しただけでつらい…。

つわりの対処法については以前も書きましたが

→ http://mothermoon-care.com/tsuwari/

今回、「大根」ていいんじゃないかな?と思ったので、

新たに書いてみることにしました。

なぜ大根かというと、

先日うちの長男が胃腸を壊していまして。

元々良く食べる方なんですが

それに加えて油っこいものとか

消化の悪いものを食べることが続いたせいか

夕食の後嘔吐、が二日連続!

便は出ないので、

もう胃のところで消化せず出ている感じ。

(汚い話ですみません…)

これは薬膳でいうと

脾臓や胃といった消化器系の機能が落ちて

本来下に行くべき胃の気が

逆方向に行ってしまっている、

ということのようです。

「気」っていうとよくわからないかもしれませんが

胃は食べ物を消化して下に送るので

下向きの動きが正常。

逆方向にいってしまうと嘔吐、というわけですね。

そしてその気を下に降ろすのに良い食材が、大根。

そこで、翌日早速大根買ってきて

大根たっぷりのおかゆをつくりました。

細かく切った大根を ごはんと一緒に炊いて(煮て)

おかゆにするだけです。

息子、一目見ていまいちそうな顔をしていましたが

食べてみると美味しかったと

おかわりしていました~♪

残った大根は、翌日大根ポタージュにして完食!

何日間かおかゆやスープをメインに

消化の良いものばかり食べていたので

無事、クリスマスには元気になりました!

 

…と、ここまで長くなりましたが

つわりも、胃のムカムカや吐き気が伴う→

胃の気が正常に働いていない、と考えるので

大根を取り入れるのはいいと思います。

ただ、つわり中の方は、

ごはんと一緒に炊くのはつらいかもしれないので

おすすめはお鍋!

大根は体を冷やす性質があるので

温めて食べるようにして下さい。

お鍋であれば、温めて食べられるし

他に食べられそうな具を一緒に入れられるし

水分ならとれる、という方もスープなら飲みやすい。

固形は無理、であれば大根おろしにして、

みぞれ鍋にしてしまえば食べやすいですよ。

そして食べる時に、ゆずなどの柑橘系を絞れば

その香りでも気が巡りスッキリ!

となりそうですね。

お鍋は何より作るのが簡単なのが嬉しいところ。

まあ、冬向けで、尚且つ

いくらかは食べられる方向け

になってはしまいますが

ぜひ試してみてください。

 

私自身、つわり中にこの知識があれば

絶対やっていたのに!!

あ、でも、つわり中でなくても

大根は消化を促進しますし

炎症を抑え喉の痛みを和らげてくれたり

風邪の予防にもなるので

この時期にはぴったり食材ですね~。

ちなみに、うちの息子のように

食べ過ぎで不調、の場合は

食べないことが一番なんですが(^^;)

 

どうかそうならないように!

ごちそう、時々養生で

素敵なクリスマスと年の瀬をお過ごしください♪

 

★つわりについて、よかったらこちらもどうぞ

http://mothermoon-care.com/tsuwari/