こんばんは!mothermoon 手塚です。

ここ最近次から次へと台風がやって来て雨ばかり…。

しばらくすっきりとした晴れ間を見ていない

気がします。

大雨の被害に遭われた地域の方々には

心よりお見舞いを申し上げます。

 

そして、気温も一気に下がってきましたね。

つい最近まで30℃の日が続いていたかと思うと

今日は20℃ちょっとまでしか上がらなかったり。

体調も崩しやすいとうですし

気持ち的にも日が短くなって

なんとなく物悲しくなってくる季節ですが

皆さまはいかがでしょうか?

 

明日は秋分ということで

暦の上では秋も深まってくるころ。

今日は中医学や薬膳的な面からの

秋のからだについてお話しようと思います。

 

まず、中医学とか東洋医学で良く言われる

「陰陽五行」というものについて

少しお話しますね。

これは、自然界のものはすべて陰と陽に分けられ

さらに「木・火・土・金・水」

(もく・か・ど・ごん・すい、と読みます)

に分類されるよ、といった考え方。

%e4%ba%94%e8%a1%8c%e5%9b%b3

 

 

 

 

 

 

これ、五行図というのですが↑見たことありますか?

 

木火土金水を五行というのですが

色々なものが(それこそ全てのものが)

これに対応します。

 

例えば身体の臓器、器官、季節、色、方角、味…等々。

五臓六腑(ごぞうろっぷ)って聞いたことありますか?

この五臓も五行に対応している臓器で

肝・心・脾・肺・腎 の5つです。

※実際の肝臓とか心臓とかとはちょこっと働きが

違ってたりします

 

そして今日は秋のからだの話でした。

秋は五行でいうと金に対応します。

そして五臓が対応するのは肺です。

これは、肺は秋に不調が出やすいということ。

確かに、秋は乾燥しますので

のどの粘膜が乾いたり、咳が出たり、

鼻水・鼻づまりが起こったりと

肺(=呼吸器)にトラブルが起こりやすいです。

この時期は、夏に疲れた胃腸を整えて

からだを潤す食材を摂りましょう~という話は

以前しましたので

こちらをご覧ください。

 

今回はそれに加えて「ココロ」について。

五行に対応する「五志」というものが

あるんですね~。

これには「怒・喜・思・非(憂)・恐」があって

これも五行に対応しています。

金ー肺ー秋ーのグループは、「非(憂)」。

そうそう、秋は物悲しさを感じたり、

気持ちがふさがりがちになりますもんね!

うつにもなりやすい季節だそうです。

そしてこれら悲しんだり憂いたりするのが

過度になると

また肺にも悪影響を及ぼすというループ…。

(※必ずしもその感情が一つの臓器のみに

影響するわけではありませんが)

 

そんな気分の時には、明るい色のものを身に着けたり

おしゃれしたり、自分の好きなことなどで

適度に気分転換をしましょう!

 

食べ物に関しては

元気になる食材、というか気持ちを上げてくれる食材

というものがありまして。

例えば、生姜・シナモン・ネギ・ニラ・鶏肉などを

朝・昼に摂るのがおすすめです。

※夜食べ過ぎると、興奮して眠れないとかになることも!

 

またイライラしている時は

香味野菜やハーブティなどで気を巡らせたり

気持ちを落ち着けてくれる蓮の実なども○

(蓮の実については、以前書いた記事を参考に→こちら

もちろん食べ物だけでなく

アロマの香りなどももちろん役に立ってくれます!

 

1220060c91bb26b3c9bacf25c659f39b_s

 

 

 

 

 

 

 

季節ごとの体のケアはけっこう気にするけれども

「気もち」や「感情」って

季節に応じてはあまり考えないと思います。

 

でも、こういう考え方もあるんだなって知っておくと

「これは秋の気分なのね~。ちょっと気分転換しよ」とか

「元気出ないから、試しに今日は鶏肉にしてみるか」

みたいな選択ができると思うんです。

それで元気になったらラッキー(笑)

別にストイックにやる必要もないと思うので。

 

そんなことを続けていくと

一つ一つの感情に過度に動揺せずに

対処できるようになるような気がします。

 

また別の機会に、他の「五志」についても

お話したいなと思います。

「気持ち」のケアも、体のケアと同様

意識的にできるといいですね。

 

ちなみに、私はできていないことの方が多いので

自戒をこめて、です(笑)。

 

それでは、明日は秋分。

夜の方が長くなる季節の始まりです。

早寝せねば!(^^;)

ということで、おやすみなさい~。

明日も良い日でありますように!