湘南藤沢・辻堂にて むくみ、つわり、便秘、不眠、イライラ、不安、産後疲れ、腰痛など、妊婦さんと産後ママのトラブルに。一人ひとりに合ったアロマテラピーのケアと過ごし方のご提案

妊婦Q&A

  • HOME »
  • 妊婦Q&A

妊娠がわかってから出産直前まで

心もからだも変化が大きく不安定になるマタニティ期。

特に初めての妊娠の方はわからないことだらけで

あれもだめ?これは大丈夫?

こんなことがいつまで続くの??と

不安だらけになってしまうこともあるかもしれません。

 

ここではマタニティ期によくある

気になる疑問をピックアップしてみました。

 

妊娠中の不安やお悩みQ&A

お腹

 

 

 

 

 

 

Q1.つわりがひどいです。

いつまで続くのでしょう?

しでも楽になれる方法はありますか?

A. つわりは人により差が大きいですが、

食べられない、飲めない、匂いもダメ、

何をしていても胸がムカムカする…

となると本当につらいですね。

時期としては妊娠5週頃から始まり、

胎盤が完成する15週頃にはほぼ収まるようですが

これもまた人それぞれです。

この時期は、だるさや眠気も強い時期ですので

できるだけ無理せず身体を休めて下さい。

気分の悪さでイライラしがちですが、

ストレスで悪化することもあるので

お風呂にのんびりつかったり、

アロマを香らせるなどして

リラックスして過ごすのが一番。

冷えで悪化することもあるので、

やはりしっかり入浴することや

下半身を温めることも大事です。

いくらか食べられるのであれば、

水分代謝を整える食材を摂ることで

改善されることも多いですよ。

 

Q2.妊娠中は薬を飲めないので、

風邪をひかないかどうか心配です!

A. そうですね。妊娠中であることを伝えて

処方してもらえば問題ないとはいえ

やはり薬は何となく不安、とか

風邪をひいてしまったら赤ちゃんに影響はないか

気になりますよね。

緊急の場合や持病がある場合は

服薬はやむを得ないでしょうが

日々免疫力を高めて、風邪にかからないように

するのに越したことはないですね。

それにはまず、十分な睡眠をとること!

そして自分の体質に合う、

季節に沿った食生活を取り入れること。

これで免疫力は格段にアップします!

風邪をひきにくくなる他、

花粉症等も楽になりますよ!

 

ちなみに、風邪をひいた時、西洋薬でなく

漢方薬やハーブなら大丈夫?と思っても、

やはり妊娠中には適さないものや

元々の体質に合わないものもあります。

妊娠前から常飲しているものがあれば

それも赤ちゃんや母体に影響する可能性もあるので

どちらも必ず専門家に相談して下さいね。

 

Q3.妊娠したら突然ひどい便秘に!

改善方法はありますか?

A. 妊娠するとそれまで快便だった人でも

便秘になりがちです。

ホルモンの影響で腸の動きが鈍くなるのと

お腹が大きくなることで腸が圧迫されるため、

さらに運動不足の影響もあります。

赤ちゃんが気になって

腹圧をかけづらくもなってきます。

便秘が長引くと、便が固くなって排便時に力み

痔になってしまうこともあるので、

潤い効果のある食材や

食物繊維の豊富な食材を食べたり、

水分をこまめに摂って

水分不足の便が溜まらないように。

そして動かない生活が続くと

血行が悪くなり悪化するので、

軽い運動をする、冷やさない

などに気をつけて予防しましょう。

 

Q4.腰、肩、首、恥骨の痛みや

こむら返りがあってつらいです。

我慢するしかないの?

A.  身体の痛みは多くの人が経験します。

・中期以降は子宮が大きくなることで

 重心が変わる。

・ホルモンの影響で靭帯が緩み、その分

 姿勢維持に筋肉に負担がかかる。

・お腹が血管を圧迫するので

 下半身の血行が悪くなる。

などが原因で、体のあちこちに

痛みが出やすいです。

出産するまで仕方ない、と思うかもしれませんが

痛みはさらに筋肉をこわばらせてしまうので、

痛みが続くようなら我慢せず

担当医に相談したり

妊婦さんに対応したボディケアを

受けることはおすすめです。

自分でできるセルフケアとしては、温めることと

姿勢に気をつける(横座り・脚組み・猫背・

片側重心などに注意)のが基本。

適度な運動やストレッチも有効ですが、

恥骨痛がある場合はゆっくりした動作で、

大股歩きをしないこと。

こむら返りには水分補給や

ふくらはぎをほぐすことで予防になります。

 

Q5.妊娠は嬉しいはずなのに、

突然イライラしたり落ち込んだりしてしまいます。

出産もちゃんとできるか心配…。

A.  妊娠中は、ホルモンの変化、

からだ自体の変化、生活習慣の変化に加え、

赤ちゃんがちゃんと育っているかどうかの不安や

つわりや眠気などが重なった疲れもあり、

この時期情緒不安定になるのは

当たり前のことです。

イライラしたりネガティブな気持ちになることは

自然なことで

そのことに落ち込む必要はありません!

こういった症状を周りや家族にも

知っておいてもらうといいと思います。

疲れたときには無理せず休むことが大事。

アロマだったら柑橘系の爽やかな香りが

リフレッシュになります。

お料理にも柑橘類や香味野菜を加えると

滞った気を巡らせることができるので、

積極的に取り入れてみて下さい。

 

☆それぞれの項目についてのより詳しいことは

ブログにも書いてあります

(またはこれから掲載します!)ので

ぜひご覧になってみて下さい。

 

また、ここに書いてある以外にも

妊娠中は色々なトラブルが現れますし

その方によって症状の出方は変わってくるので

私の不調の原因はなんだろう?

どんな対処方が合っているだろう?

などが気になる時は一度

トリートメントや相談を受けてみませんか?

 

 

 

お問い合わせはこちら TEL 090-4938-6149 受付時間 9:30 - 16:00[ 日・祝日除く ]
出られない場合はお問い合わせボタンよりお願いします

PAGETOP